威沙で作成したPDFを印刷所に入稿し、完成

先日威沙で作成したPDFファイルを、そのまま印刷所に入稿してみました。今回使用したのは、株式会社ポプルスさんです。結論から言うと、問題なく印刷されました。威沙のバージョンは20150724開発版です。

今回はポプルスさん試用を兼ねての個人的な小説(?)本製作です。
※以下に本の写真を載せてありますが、タイトル・目次内容・本文は、「内容を一切知られたくない」という個人的な事情によりモザイクをかけています。よって本文の印刷品質がわからない画像になっています。申し訳ございませんがご了承ください。

総ページ数154ページ(本文150ページ)ということで厚いです。約9mmあります。
厚さ約9mm
しかもB5版なので重い。重さ計ってみたら386gありました。重い!
本文用紙は淡クリームキンマリ90kでした。ちょっと厚い気がしなくもないですが、裏透けは気になりません。70kのほうがめくりやすい気がするんですが、基本料金外だったので……。

諸事情(総ページ数との兼ね合いとか)で、中表紙はなく、突然目次です。
目次
正直このレイアウトでB5版は文字がでかすぎです。が、文字を小さくして余白ができても入れるものがなかったので、このまま使いました。今回は自分専用なのでこれでOKなのですが、販売もするちゃんとした本(?)のときは、もっと考えよう……。
目次がやたら長いので、入りきるように調整して、全体の見栄えも考慮して若干文字の位置を変更してあります。
ページ下部にはページ番号が入れてありますが、これは威沙で自動入力されるものではなく、固定値をテンプレートに直接書き込んだものです。

この次(右ページ)から本文なのですが、威沙では本文開始ページは左ページとなっており、自動で空白ページが挿入されて左ページ始まりになります。そこで、本文開始行に<newpage/>タグを書いて改ページし、疑似的に右ページ始まりにして、「指定ページ出力」で空白ページを省いて出力しています。

本文はこんな感じです。
本文モザイク入り
深く考えずに小口側に画像を配置してみましたが、読むとき邪魔にならず、そこそこの装飾で結構いい感じです。
小口45ポイント(約16mm)、ノドは60.5ポイント(約21mm)なんですが、小口側は持ったときに指で字が隠れず、ノドも深く開かなくても読めて、ちょうどよかったです。自作プロファイルだったので満足です。ノドはもう少し(あと5mmくらい?)あってもいいかもしれません。もっと厚い本の予定があるので、そのときはノドが25mm(約70.9ポイント)くらいになるようにしてみようかと思います。
自家用プリンタだと文字8ptは読みづらいこともあるそうですが、印刷所での印刷の場合は、8ptどころか7ptでも余裕なんじゃないかと思うくらい読みやすいです。モザイクかけてそんなこと言っても伝わりませんが!

個人的に理想の同人誌の条件となっている「布団の中で寝っ転がりながら読める本」は、今回は満たしませんでした。なんといっても386g。重い。そしてやっぱりB5はでかかった……。(小説雑誌みたいで好きなんですが。無念)
でもB5で作ってみてよかったです。漫画同人誌だとB5でもさほど気にならずに(布団の中で)読めたりするので、今後のためになりました。

クリスタで作った画像は無事断ち切り印刷されてました。
背景断ち切りされてる
角のところ撮ればよかったとあとで思いましたが、めんどくさいのでこのまま掲載。画像は威沙を介してPDFに埋め込みましたが、解像度にも問題がなかったようで、綺麗に印刷されています。今回一番気になっていたのはここだったので、安心しました。(威沙の現行の仕様では原寸でなく伸長することになるらしいため、誤差の範囲とはいえ、解像度が正確には600dpiにはならないのが気になっていました)

奥付も目次と同様で正直でかいです(フォントとか枠組みとかが)。
奥付
これも今回は自分専用なので別にいいのですが、ちゃんと作るときはレイアウトやフォントサイズ変えたほうがいいかもですね……文庫サイズだとこれでもそんなにでかい感ないと思うんですが、B5だと、うん、字が大きい。A5でも大きいと思います。
目次や奥付の基本の文字サイズは、本文と同じか、それ以下の文字サイズにするといいんじゃないかなあとか思いました。これは実際作ってみないとピンとこなかった部分です。(私は試し刷りしてもインパクトがピンとこなかった)

テンプレートでは奥付のフォントサイズの指定は「2.861952861%」とかになっているんですが、これはもしかしなくてもページ横幅か縦幅が基準なんですかね(今更?)。縦幅基準だとすると、約3%でもB5の場合は20ptとかになってしまうという……。そりゃでかいわけですね……。
ページサイズ基準の%指定で、どの判型でも同じレイアウトが実現できるのはソフト作者側としては非常にいいですし、威沙をさっと使っていろんな判型でページ数を割り出してみるに当たってもありがたい存在なんですが。実際に本を作ろうとしたとき、エンドユーザ側が「あらゆる判型に通用する奥付」を必要としているかというと、そんなことはないと思うのです。普通は特定の判型だけ想定するのではないでしょうか。
というわけで、やはり威沙デフォルトの目次や奥付は「自分専用レイアウトを作る土台」にするのが正しい気がしました。っていっても現行の威沙の仕様だと、理想的なものを作るのは結構大変ですが……。

今回、入稿すべく威沙でPDFを作ってみて思ったのは、塗り足しあり(各判型の原寸ではない)での出力をするときの不便さです。
私は「トンボ付与」機能を使ったときに塗り足し3mmサイズで出力されるプロファイルを作ってPDF作成をしたのですが、画像を挿入する場合、更にその外側に原寸トンボをつけたい事態が頻発しました。トンボをつけて試し刷りし、トンボに合わせて紙を折るなどして、塗り足し部分がどうなっているかなどを確認したかったのです。
今の威沙の仕様でそういうこともやるとすれば、「トンボ付与」で塗り足し3mmの用紙サイズで出力するプロファイルと、ワンサイズ大きな用紙にトンボを書き出して画像伸長は塗り足し3mmサイズと同条件にするプロファイルの、2種類を用意する方法しか私には思い浮かばないです。原寸出力サイズを塗り足し3mmにしてしまうと、トンボサイズも塗り足し3mmサイズになってしまうため、原寸は原寸のままにしておかないとならないのです。
ここら辺がなんとかなると、コピーや自家用プリンタだけでなく印刷所入稿にも活用しやすくなるんだろうなあと思いつつ、ユーザーの工夫でどうにかできる部分なので、威沙公式には対応してもらわなくてもいいような気もします。

今回は、B5で厚い小説同人誌を作ったらどんな感じになるのかということが実感できたので、大変有意義でした。近々作る予定の(何ヶ月後だよ)厚い小説本は、A5にしよう……A5でも重いと思うけど……。

今回作った本のPDF作成の話はこっちにもちらっとあります。

(2015年8月29日 追記)


なんだって……仕上がり線(原寸サイズ)を表示できるだって……!?
というわけで、今回の本を作成するのに使用したプロファイルを別の文章で使用してPDFを作成し、印刷してみました。
仕上がり線出力機能使ってみた(罫線)
こ、これだー!! 私がほしかったのはこの機能ですよ!!
上のほうでは「仕上がりサイズのトンボ」と書いてありますが、仕上がり線をきっちり引いてもらったほうが、どう仕上がるのか一目瞭然なので大助かりです!
加えて、この「仕上がり線表示」は、プロファイルを自作したり、既存のプロファイルを調整するときにも役立ちます。威沙のプロファイル作りが密かな趣味なので、これはありがたい……! 今後、プロファイルを調整するときに活用したいと思います。(この「罫線」チェックボックスは、後日改めて「仕上がり線表示機能」として実装されるそうです)

投稿者:

城崎 白練

しろねり。いろいろと広く深い人。