威沙のテンプレートカスタマイズ(初歩)

※この記事は「威沙 通常版20150802版」をベースにしています。バージョンアップによりテンプレートの仕様が変わることがあるかもしれず、その場合にはこのページの内容が役に立たない可能性があります。

威沙の、ありがたいような不便なような機能「目次・奥付 付与」ですが、テンプレートファイルを書き換えることによって、中表紙、イラストレーター名、目次をそれぞれ不使用にすることができます。また、各ページの書式を変更することもできます(上級者向け)。

今回は初歩なので、中表紙などの中から必要なものだけを使用するやり方を書きます。といっても、テンプレートファイルの中でコメントアウトするだけですが……。
ベースとするのは通常版20150802版のdefaultテンプレート(デフォルトテンプレート)です。

★その前に、テンプレートファイルの内容説明
※テンプレートに関するドキュメントがないっぽいので、ファイル内容から推測したものになります。
テンプレートは、威沙インストールフォルダ内「template」の中に入っています。
ファイル一覧は以下のようになっています。

  • template.conf:テンプレート名称・説明・テンプレートファイル名指定
  • front.tnf:中表紙、イラストレーター名、目次のファイルを読み込むためのファイルです。
  • top.tnf:中表紙のテンプレートです。
  • illustrator.tnf:イラストレーター名のテンプレートです。
  • index.tnf:目次のテンプレートです。
  • publisher.tnf:奥付のテンプレートです。
  • left_page.tnf:左ページ(向かって左になるページ)のテンプレートです。
  • right_page.tnf:右ページ(向かって右になるページ)のテンプレートです。
  • frontcover.tnf:表紙テンプレートです。電子書籍出力モードのみ有効です。
  • frontispiece.tnf:口絵テンプレートです。電子書籍出力モードのみ有効です。
  • backcover.tnf:裏表紙テンプレートです。電子書籍出力モードのみ有効です。
  • TemplateTest.tnf:作者用のファイルだと思われます。書き換える必要は一切ありません。

威沙で同人誌(印刷物)を作りたいと思ったとき、必要になるテンプレートファイルは、front.tnf、top.tnf、illustrator.tnf、index.tnf、publisher.tnf、left_page.tnf、right_page.tnfです。これらのテンプレートファイルの内容を書き換えると、デザインの変更ができますが、今回は単に「不必要なものを出力されなくする」というだけですので、書き換えるのはfront.tnfのみになります。
ちなみに、テンプレートファイルもTNFタグ(威沙で本文の整形をするときに使用するタグ)で書かれています。テンプレートファイル書き換えのヒントは「縦書小説PDFファイル作成ソフト『威沙』についての覚書」にもあります(当blog外の記事です)。

★front.tnfについて
中表紙、イラストレーター名、目次のうちから不要なものを削除したい場合、無難なのはfront.tnfの内容を変更することです。奥付は一番最後のページになりますので、不要な場合は「指定ページ出力」で最後のページを出力しないように設定して出力すれば、ページ番号の狂いもなくPDFファイルから削除することができます。中表紙、イラストレーター、目次は、指定ページ出力の設定で削除(出力しないように)しても本文のページ番号が違ってしまうことがあるため、front.tnfを編集することで削除してみたいと思います。

front.tnfの中身は以下のようになっています。(画像ですみません)
威沙front.tnfの中身
この中で、中表紙、イラストレーター名、目次を出力している部分はこちらです。

<nopagenum>

<include src=”top.tnf”/>

<include src=”illustrator.tnf”/>

<include src=”index.tnf”/>

<!–
<newpage/>
–>

</nopagenum>

includeタグで、top.tnf(中表紙)、illustrator.tnf(イラストレーター名)、index.tnf(目次)のテンプレートファイルを読み込んでいます。この中から、削除したいものを<!–と–>で囲んでコメントアウトします。
例えば、目次のみ必要だという場合は以下のようになります。

<nopagenum>
<!–
<include src=”top.tnf”/>
–>
<!–
<include src=”illustrator.tnf”/>
–>
<include src=”index.tnf”/>

<!–
<newpage/>
–>

</nopagenum>

front.tnfの内容を以上のようにコメントアウトして「目次・奥付 付与」をオンにして出力すると、目次・本文・奥付のみが出力され、中表紙とイラストレーター名のページは「指定ページ出力」を使用しなくても出力されなくなります。

必要でないページはコメントアウトしてしまおう、という、それだけの話でした。

なお、威沙では本文のページを左ページから開始するようになっています(作者の風野旅人さんからの情報です)。そのため、テンプレートで非表示にした結果、本文が右ページ始まりになりそうな場合には自動的に空白のページが挿入されます。本文を右ページ始まりにするためには、本文の一番最初に<newpage/>タグを入れておく必要があります。

また、ページ番号は「中表紙が1」となります。同人誌作成に慣れている方だと「(中表紙を含む)本文原稿の開始ページ番号は3」という考え方の方が多いと思いますので、ページ番号にこだわる際には工夫が必要です。ただ、最近の印刷所だと、ページ番号の開始は1からでも、番号に抜けがなければ印刷してくれる場合もあるようです。あまり気にする必要はないのかもしれません。

※夏コミで発表されたバージョンの威沙では、開始ページ番号を指定できるらしいので、指定ページ出力と併せて使用することで、テンプレートを操作しなくてもページ番号が狂うことなく不要なページをカットできます。が、「印刷所に入稿を考えていて、安全のために中表紙や目次にもページ番号をつけたい」という場合、やはりそれでは上手くいきませんので、今回の記事のような方法などを使う必要があります。

今回のようなテンプレート操作と指定ページ出力を使用し、威沙20150724開発版のみで本文PDFファイルを作成して印刷所に入稿したので、刷り上がってきたらその辺のことも書けると思います。

威沙で実際にページ背景を入れてみるの巻

威沙ページに背景を入れる計画を以前立てましたが、実際にやってみましたのでご報告です。

まずはクリスタで背景画像を作成。この辺はゆさ紅羽さんのブログで詳しいので(コミスタですが)割愛します。

威沙で専用のテンプレートを用意します。といってもそう難しくはないです。威沙インストールフォルダの中の「template」の中にいくつかありますので、好きなフォルダをコピーして名前を適当に変更します。ここでは「bgtest」にしたことにします。

「bgtest」フォルダ内に、背景画像をコピペします。私は右ページ用と左ページ用を作ったので、2枚コピーしました。そのあと、「right_page.tnf」の最初のほうに「<nopagenum>」というタグがありますので、その下に(上でもいいかもしれないけど)
<img src="右ページ用背景画像名.画像拡張子" alt="" />
と書いて保存します。「left_page.tnf」も同様に、「<nopagenum>」というタグの下に
<img src="左ページ用背景画像名.画像拡張子" alt="" />
と書いて保存します。あとはPDFを作成するだけです。

が!
生成ページ数が多いと、悪夢のように時間がかかります(私のPCが遅いだけか……?)
時間がかかるとは言っても、放置しておくだけでいいので、何か別の作業とかしていればいいんですが……威沙がフリーズしたのではと思うくらい時間がかかります。ほんとにめっちゃかかります。ここの動作がもうちょっと早くなればなあ……。

PNGファイルだと時間がかかったり、フリーズしてしまうケースが多いようです。JPGファイルにすると、スムーズに進みます……といっても画像無しの出力よりは遅いですが。

完成したページ背景見本は人に見せるようなものではないので省略します無いとどんな感じかわかんないだろうなあ、と思ったので小さいですが見本を載せておきます。

威沙で画像背景を貼ったPDFの画像です
威沙で画像背景を貼ったPDFの画像です

B5・三段組です。ページサイズは原寸+塗り足し3mmになっています。今回は小口側に画像が表示されるように作成しました。

今回の作業をやってみて思った、威沙への要望のようなもの
・PNG画像を各ページに貼る際の処理を速くしてほしい(JPGは割と速いです)
・画像を原寸で貼り付ける機能がほしい(拡大縮小しないでほしい)
・画像はページ中心から貼ってほしい(ページ中心ではなく文字組の中心から貼っているように見える)
というところですかね……

テンプレートで不要なページ(イラスト謝辞とか中表紙とか)を表示しなくなる方法を見つけたんですが、それはまた別の機会に書きます。

威沙プロファイルのカスタマイズ初歩(?)

話の順序が違うじゃねーか、という話ですが。威沙のプロファイル修正関連の話です。

※実際に修正を行う前に、Tokimi.confファイルのバックアップをとっておくことをおすすめします。
※Tokimi.confファイルに書かれている内容の詳しい説明は、威沙インストールフォルダ内のdocフォルダに入っている「設定ファイル記載方法.txt」というファイルをご参照ください。

威沙で選択できるプロファイルは、威沙インストールフォルダ内の「Tokimi.conf」というファイルの中で定義されています。前回の記事で大雑把に調整方法を書いたのですが、今回はもうちょっと細かく余白や文字数・段組数などを設定したい人向けかもしれない記事です。
威沙カスタマイズ初歩
といっても上記タブの設定内容とTokimi.confと「docフォルダ\設定ファイル記載方法.txt」を見比べてみてね、くらいしか言うことがないんですが……。それだけでわかる人ばかりではないので、私が私のためだけに作った私だけが見やすいプロファイル(B5・三段組。威沙のデフォルトにも含まれました……)を元にご説明です。

[06_1_SN_B5_3STEPS]
# 白練(@Siro_neri)さんから提供されたプロファイルになります。
Profile="B5三段組み・間隔20pt" # プロファイル名称
Explanation="B5三段組み 1段25文字30行 構成です。" # プロファイル説明文
BaseSize_X=516 # ページの横幅
BaseSize_Y=729 # ページの縦幅
Head_M=45 # ページ頭マージン
Koguchi=45 # 小口
FontSize=8 # デフォルト文字の大きさ
CharcterNum=25 # 行文字数
LineNum=30 # 行数
Steps=3,20 # 段組設定(3段・間隔20ポイント)
PaperSize_X=595 # トンボ使用時の出力用紙サイズ(A4)
PaperSize_Y=842 # トンボ使用時の出力用紙サイズ(A4)
template = "sironeri"; # テンプレート指定

これが私が提供したプロファイル(に威沙作者さんがテンプレートを付け足したもの)なのですが、
Head_M=45 # ページ頭マージン
というのが、上の方の画像の真ん中辺りの「配置」欄で「天」と表記されている部分です。数値の単位はポイントです(とある換算表によると1mm=2.835ポイントだそうです)。

同様に、
Koguchi=45 # 小口
が「小口」のサイズですね。

FontSize=8 # デフォルト文字の大きさ
これが、画像左側の「フォントサイズ」欄の「本文」のところの数値です。

CharcterNum=25 # 行文字数
これが画像でいうと真ん中辺りの「本文」欄の「文字数」の数値です(1行あたりの文字数です)。
同じく「本文」欄で、
LineNum=30 # 行数
こちらは「行数」に対応しています。

段組設定だけは書き方がちょっと違っていて、
Steps=3,20 # 段組設定(3段・間隔20ポイント)
このように書きます。3を2にすれば二段組に、4にすれば4段組になります。段組間隔は20(ポイント)と指定してありますが、本文の文字ポイントの2倍とするのが良いという説もどこかで見かけました。逆にもっと間を空けたいという場合もあるでしょう。そのときはこの部分を書き換えます。

そういうわけで、選択したプロファイルから行文字数や行数、行間、天、小口などを変更してセーブしたい場合は、Tokimi.confファイルをメモ帳などのテキストエディタで開き、該当プロファイルを書き換えて上書き保存する必要があります。その際にプロファイルを丸ごとコピーして別名にしてTokimi.confファイルの最後尾に付け足すと、元のプロファイルも変更後のプロファイルも両方使用することができ、便利です。(プロファイルを別名にするとは:[06_1_SN_B5_3STEPS]を[ZZ_TEST_B5_3STEPS]などのように書き換えることです。06等の数字になっていた部分にアルファベットを使うと、下のほうに出てくるようになります)

※Tokimi.confファイルだけでは調整できない項目がいくつかあるようです。その際はテンプレートファイルを調整する必要が出てきます。これも別段難しくはないので、そのうち書いておきます。(ページ番号の位置、目次などの構成などがテンプレートで修正できます)

おまけ:威沙作者さんのツイートで、単位換算ツールが提供されました。


試しに使ってみましたところ、3mm=8.5038ptになりました。私なんで3mm塗り足し作ろうとして17pt必要だったんですかね……って自分で疑問に思ったあと自分で思い出しましたが、各辺を塗り足すので、合計で+6mmする必要があるんですよ……用紙サイズの場合はね。トンボ位置とかは全然違いますね。てへぺろ。直しました。

威沙プロファイルの修正方法

※この記事は威沙の掲示板に投稿したもののコピペです。

印刷所にデータ入稿する場合を想定したプロファイルの修正方法を、悩めるユーザーさんのためになればと思い、なるべく詳しく書いておきます……が「理屈がよくわからんのでとりあえず文庫版で塗り足し3mmの設定よこせ」という方向けに、この記事の最下部にA6(文庫)版で原寸出力も、塗り足し3mmでの出力もできるプロファイルも記述しておきます。
※実際に修正を行う前に、Tokimi.confファイルのバックアップをとっておくことをおすすめします。
※Tokimi.confファイルに書かれている内容の詳しい説明は、威沙インストールフォルダ内のdocフォルダに入っている「設定ファイル記載方法.txt」というファイルをご参照ください。

プロファイルを修正して塗り足し3mmで出力する方法
威沙インストールフォルダにあるTokimi.confを何かしらのエディタで開き(私の場合はTeraPadですが、Windowsの場合ならメモ帳でも大丈夫です)、使用したいプロファイル名称を探します。
例えば「A5二段組み」を修正したいなら「Profile=”A5二段組み”」と書いてある部分を検索機能、画面スクロールなどで見つけます。
その上部の[]で囲まれた行(A5二段組みの場合は[05-1_A5_2STEPS]の行)から、次の[]に囲まれた行の前の行までが、該当プロファイルの設定内容です。

BaseSize_X、BaseSize_Yは原稿原寸サイズのmm単位の数値に2.835をかけてpt単位にしたものとだいたい同じくらいの数値となっています。A5の場合は
BaseSize_X=419
BaseSize_Y=594
と指定されています(A5用紙は148×210mmです。148mm×2.835=419.58pt、210mm×2.835=595.35pt。威沙のデフォルト設定では147.8mm×209.5mmと出力されてしまい若干小さいです)。

この場合で3mmの塗り足しを用意する場合、どちらの数値も+17(3mm×2×2.835=17.01pt)すればよいのですが、BaseSize_XとBaseSize_Yを修正すると原寸データが必要なときに不便です。

そのために使うのがPaperSize_X、PaperSize_Yという定義(同じくpt単位)です。こちらは威沙でPDF変換を行う際に「トンボ付与」にチェックを入れたときに出力用紙サイズとして使用される数値です。

「A5二段組み」のプロファイルでは、以下のような設定となっています。(#以降は「コメント」と呼び、設定項目の説明を書いている部分です)
PaperSize_X=516 # トンボ使用時の出力用紙サイズ(B5)
PaperSize_Y=729 # トンボ使用時の出力用紙サイズ(B5)
これらPaperSize_X、PaperSize_Yの値を、BaseSize_X、BaseSize_Yにそれぞれ+17した値にしますと、「トンボ付与」にチェックを入れた際に、威沙で設定されている原寸サイズに塗り足しが+3mmされたサイズで出力されます。

A5版で塗り足し3mmのサイズ(154×216mm)で出力したい場合は、
PaperSize_X=436.6 # トンボ使用時の出力用紙サイズ(A5版に塗り足し3mm)
PaperSize_Y=612.4 # トンボ使用時の出力用紙サイズ(A5版に塗り足し3mm)

となります。(154×2.835≒436.6……というふうに、mm単位に2.835をかけた数値を書き込むとより正確です。これはBaseSize_X、BaseSize_Yの設定にも同じことが言えますので、厳密なサイズで作りたい方はそちらも同様に修正するという手があります)

ですが、このままですと「トンボ」も同時に出力されてしまいますので、
TrimMark_space = 20 # トンボと本文との距離(pt単位)
という項目を、PaperSize_Yの行の下に付け足します。20でなくとも、10以上なら大丈夫かと思います。トンボと本文との距離を17pt(3mm)8.5pt(3mm)より大きい値に設定すると、トンボは用紙外に描画されるため、出力されるデータには混ざってこないというわけです。
威沙作者の風野旅人さんからは、
TrimMark_shade=1 # トンボの濃さ(0~1、0:黒 1:白)
とするとトンボの色は白で出力され目立たないのではないかとの案をいただいたのですが、何らかの紙面装飾を威沙上で行った場合に逆に目立ってしまう可能性があるため、先の方法が良いかな? と思った次第です。

最後に、文庫版サイズで「トンボ付与」にチェックを入れた際に塗り足し3mm・トンボなしで出力されるプロファイルを記載します。Tokimi.confファイルの最後尾にコピー&ペーストしてお試しください。威沙のプロファイル選択欄で、下のほうに『A6(文庫サイズ)・「トンボ付与」で塗り足し3mmで出力可能』という名前で出てきます。
PDFファイルの用紙サイズは、Adobe Readerであれば、メニューのファイルからプロパティを表示すると確認できます(単位はmmです)。

※2015年1月5日、下記プロファイルに
TrimMark_imgresize = 11 # トンボ使用時、挿絵に塗り足しをする場合の補正値(pt単位、縦横双方に適用)
を付け足しました。「トンボ付与」で挿絵の塗り足しを断ち切りサイズまでいっぱいにするための設定です。
理論上8.5ptくらいで3mmずつ挿絵が伸長されるはずなのですが、小口側に何故か余白ができてしまうので、11pt(4mm)に設定して余白が生じないようにしています。画像を拡大処理するかもしれないので、もしかしたら若干画質に影響するかもしれません。(私はあまり詳しいことはわかりません)

#白練作プロファイルここから(先頭の#からコピーしてください)
[SN_A6_Plus3mm]
Profile="A6(文庫サイズ)・「トンボ付与」で塗り足し3mmで出力可能" # プロファイル名称
Explanation="A6 42文字17行 通常の文庫サイズです。「トンボ付与」で塗り足し3mmトンボなしで出力できます。" # プロファイル説明文
# 原寸出力では縦横0.2mmずつ小さいサイズ(104.8mm×147.8mm)で出力されますが、威沙の仕様です。
PaperSize_X=314.7 # トンボ使用時の出力用紙サイズ(A6に塗り足し3mm、111mm)
PaperSize_Y=436.6 # トンボ使用時の出力用紙サイズ(A6に塗り足し3mm、154mm)
TrimMark_space = 20 # トンボと本文との距離(pt単位)
TrimMark_imgresize = 11 # トンボ使用時、挿絵に塗り足しをする場合の補正値(pt単位、縦横双方に適用)
#白練作プロファイルここまで

威沙とクリスタとPDF24(同人誌の組版計画) ※余談が長いです

以前も威沙のことを書きましたが、組版計画がもうちょっと具体的になったので、その話です。

まず威沙のテンプレートファイル(のうちの、right_page.tnf)に、他テンプレートを参考にしつつ画像をimgタグで挿入してみました。そうして威沙で組版してみた結果、
20141225威沙で小説本文に背景をつける実験・原寸
こうなりました。右側ページだけ画像が背景になってます。(自作プロファイルでのB5・三段組です。使用した画像は威沙同梱のBYGテンプレート内にあった画像です)
左側ページにも同じように画像を入れることができます。左右でデザインを変えることができるのがデフォルト機能です。(というかそうしないとノドに余裕をもった組版ができないのでそうなっている)

その後、自作プロファイル(トンボ付与機能を使って、用紙設定を変更したもの)で塗り足し3mmにして、B5・断ち切りサイズ(188×263)で出力もできるようにしてみたものがこちら。用紙サイズはAdobe Readerで確認しています。
20141225威沙実験結果・3mm塗り足しで背景ふちまで伸ばした
プロファイルに
TrimMark_imgresize=20
(17と書くとちょうど3mmくらいになるので、17でいいのですが、余裕を持つのとキリがいいのとで20にしてある)と書き足さないと、余白ができてしまいます。

って書いても理解できる人はあまりいないのかもしれないですが、ツイートだと流れ去るので一応メモしておきます。(そもそも「トンボ付与」での塗り足し3mm出力から教えろ、という方は威沙の公式掲示板の「質問スレッド」に書いておいたので見てみてください……あれでもわからない人はわからないと思いますけども。そのうちこのblogでも書き改める……かもしれません)

で、本題はここから。以前も書きましたが、ゆささんによる「小説原稿データ作成方法(改訂版)」に倣ってやってみようかなあと思っていたんです。が、私が作ろうとしている本はB5・三段組という極力ページ数が抑えられる判型・段組でも100ページを超えることは確定しています。100ページ以上(推定200ページ以上)地道にコミスタで画像処理し続けるの……? WYSIWIG大嫌いな私が……? 無理だろ……。そう思ったので、先述の実験をしてみたわけです。要するに「ページの装飾画像を用意して、威沙に各ページに貼ってもらおうぜ」ってことです。

そのための作業工程(推定)。
1.小説本文を用意する。
2.TNFタグを使って満足のいく組版を威沙で行い、PDF出力。
3.たまたま使っていたPDF24 クリエイターで、適当な右ページ・左ページを1枚ずつ画像出力(無圧縮のbmpが一番いいのだろうか? ほか、TIFFやJPGでも出力できます)
4.CLIP STUDIO PAINT EX バリュー版CLIP STUDIO PAINT PRO バリュー版でも一応可能)で、モノクロ600dpi、B5、断ち落とし3mmでファイル作成。右ページの画像を読み込んで右ページ用装飾画像を用意して、右ページの画像(文章)自体は削除し装飾画像のみ保存。左ページも同様に。
5.威沙のテンプレートで、右ページ用装飾画像はright_page.tnfに、左ページ用装飾画像はleft_page.tnfにそれぞれ貼る。
6.威沙で5で作成したテンプレートを使用したプロファイルで本文を改めてPDF出力
7.PDF24 クリエイターで不必要なページの削除などをする
8.Word等とCLIP STUDIO PAINT等で奥付や中表紙等を作成、印刷→PDF24でPDF変換
9.ファイル名やファイル形式を印刷所指定の体裁に揃える(今はPDFでの入稿を考えているけど、必要に応じてpsdなど)
こんな感じで作れるんじゃないかなあ、とアバウトに考えています。

でも実際の作業は4~6を複数回繰り返す(というか複数のページ装飾画像セット&テンプレート&プロファイルを用意する)ことになりそうです。話の流れによってページの装飾変えたいなあとか思うと。威沙には指定ページ出力という機能がありますので、基本背景はステンドグラスだけど、第3話は背景が森、第5話は血痕とか、そんな感じで装飾変えていきたいのです。特定の話のとき背景を変えるのならその部分だけ地道に画像処理でもいいんじゃ、とか少し思ったんですが、やはり私WYSIWYGな作業は極力やりたくないので、威沙さんにお願いしたいです。

まあ、そうして作った本が読みやすいのか読みにくいのかはさっぱり見当がつきませんが! もう某ストレティアシリーズ(本編・蛇足・夜魔編)の再録本作って、同人誌作成の練習しようかとか考えているくらい。作業量がぱねぇのであまり考えたくないですが。(あと需要もない)

ページ装飾は文字にかかるとめっちゃ見づらいので、文字にはかからない装飾を考えてはいますが、ページ番号を左右対称の位置に入れてその近辺に小さい画像入れるだけでも割と面白いのかなあとか。ページ上部・下部とか、小口側の上下角とか装飾するのもいいのかもしんない。と夢は広がりますがまず本文仕上げないと……来年中に発行できるといいですね、ザックラ再録+α本……。

以下余談……というか愚痴というか悩みというか。 続きを読む 威沙とクリスタとPDF24(同人誌の組版計画) ※余談が長いです